サラリーと経済上下について探究をしていました

賃金について授業をしました。市民賃金は、産出、配分、使用の三面からとらえられ、それぞれが産出市民賃金、配分市民賃金、使用市民賃金とよばれます。これらは、無くなる局面がことなるだけであるので、そのがたいは等しいだ。これを三面等価の実質といいます。ケインズによれば、産出レベルや登用レベルのがたいは、有効要請のがたいでまとまるそうです(有効要請の構造)。なぜなら、つくっても売れ残れば意味が無く、要請のがたいが生産量を決定するからだ。そして、経済アップダウンの対応について、授業をしました。資本スタンス環境の歴史を振り返ってみると、ある時期には環境実践が活発化して産出や登用が継ぎ足し、またある時期にはそれが停滞して産出の落ち込み、オタクの向上がみられます。こんな経済の動きには、周期的な繰り返しがみられます。これが経済度合とよばれる事象であって、好景気期・減衰期・不況期・復調期の4つの段階に区分されるそうです。またこのことについて勉強したいと思いました。お金借りる 即日